日本海側の釣り場を紹介


by sxa9kdi4nn

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 福岡県町村会の詐欺事件を捜査している県警捜査2課などは2日、同会側に便宜を図った見返りに現金100万円を受け取った疑いが強まったとして、収賄容疑で前同県副知事中島孝之容疑者(67)を逮捕した。
 また、贈賄容疑で、県町村会長で添田町長の山本文男容疑者(84)を逮捕した。同容疑者は全国町村会長も務めている。
 捜査関係者によると、中島容疑者は県内での医療サービスの開始に当たり、市町村などで構成する事務団体の運営方針をめぐり、町村会側に便宜を図り、謝礼を受け取った疑いが持たれている。 

【関連ニュース】
前副知事を逮捕へ=町村会に便宜、収賄容疑
那覇市職員、収賄容疑で逮捕=手抜き工事見逃し数十万円
年間売上高4割を受注=収入減恐れ市長に工作か
山梨・上野原市長に贈賄申し込み=会社社長ら2人逮捕
息子名義の口座に現金入金=滋賀県幹部の収賄事件

出納責任者に有罪=民主後藤氏陣営の選挙違反−熊本地裁(時事通信)
地震 「東南海」「三河」の実態 岩手の研究者が本に(毎日新聞)
「消火栓」に防災道しるべ 神戸の会社 QRコード 観光客の避難助け(産経新聞)
<国民読書年>開始を宣言 活字文化議員連など3団体(毎日新聞)
山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」−谷垣自民総裁(時事通信)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-05 18:41
 小沢鋭仁環境相は2日の閣議後の会見で、「2020年までに温室効果ガスの排出量を1990年比で25%削減する」との目標について、このうち海外からの排出枠に頼らず国内努力だけで実現する「真水」分を15%、20%、25%の3つの選択肢の中から検討する考えを表明した。

 真水分の水準とともに、削減目標の実現に向けたロードマップ(工程表)を3月にもまとめる。

 3日に開く関係府省の副大臣級の会議で、事務局長を務める小沢環境相が3つの選択肢を提案する。

 海外から割安な排出枠を購入した方が経済的な負担は軽くなるとの見方もあるが、小沢環境相は、排出削減に向け努力を重ねることは「(新産業の育成など)経済成長にもつながる」と強調した。

【関連記事】
代替フロン排出増へ 温室効果ガス削減足かせに
55カ国が中期目標を提出 COP15受けて国連に
神宮前に巨大温室 期間限定ショールーム
温室ガス中期目標、EUは20%削減維持
25%削減 国民への説明が足りない

富田林の飲酒ひき逃げ事件 弁護側が上告(産経新聞)
里見が得意の中飛車…将棋女流名人位戦速報中!(スポーツ報知)
政治資金規正法、連座制導入へ改正を…総務副大臣(読売新聞)
<鳩山首相>施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
10年度の年金額は据え置き=厚労省(時事通信)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-04 18:47
 無許可で廃棄物の処理業務を受注したなどとして、兵庫県警生活環境課などは28日、廃棄物処理法違反容疑で、同県尼崎市の解体業「草加工業」社長、草加基之容疑者(56)ら3人と処理を委託した同県伊丹市の住宅リフォーム会社「装美」社長、牧原栄治容疑者(34)の計4人を逮捕、両社など5カ所を捜索した。同課によると、草加容疑者ら3人は容疑を認めているが、牧原容疑者は「(草加工業は)許可を取っていると思っていた」と否認しているという。

 草加容疑者らの逮捕容疑は、県などの許可を受けていないのに平成19年3月から21年8月の間、廃材などの処理業務を51回にわたって計約250万円で受注し、同県猪名川町の空き地などに投棄したとしている。

【関連記事】
産廃不法投棄28トン 淡路島の建設会社を捜索
古民家の“リサイクル名人” 廃資材不法投棄で逮捕
廃油タンクが爆発、炎上 愛知、産廃会社の4基
世界初?“産廃”を有効利用した「しょうゆ」
不法投棄ごみ、排出業者を突き止め提訴 大阪の男性

<自民党>政治資金問題で決定打を欠き「戦う野党」見えず(毎日新聞)
アップル、タブレットPC「iPad」発表 電子書籍にも参入(産経新聞)
フィリピン人少年を逮捕=塗装業者宅強盗容疑で警視庁(時事通信)
航空トラブル NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)
<菅副総理>林前経財相の質問にタジタジ 参院予算委(毎日新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-03 18:54
 東京・秋葉原の無差別殺傷事件を巡り、加藤智大(ともひろ)被告に対する東京地裁の初公判で検察側、弁護側が行った冒頭陳述の要旨は次の通り。

 【検察側】

 被告は派遣社員として働く中で、自分の存在価値が認められず、部品のように扱われていると感じ不満を抱くことがありました。携帯電話の出会い系サイトで知り合った女性が心配してくれたのをうれしく思いましたが、顔写真を送ると途端にメールが来なくなったことから、自己の容姿が不細工であると強いコンプレックスを抱くようになりました。

 06年ごろから悩みや苦しみをサイトの掲示板に書き込むようになりました。期待通り、慰めやアドバイスが書き込まれ、掲示板は被告にとって不満の唯一のはけ口でした。

 しかし08年5月ごろから、被告になりすました「偽物」や、無意味な書き込みで読みにくくする「荒らし」が頻発し、被告を思いやる書き込みがほとんどなくなりました。被告は自分の唯一の居場所がなくなって自分の存在が殺されたと感じるようになり「みんな死んでしまえ」と思うようになりました。

 被告は静岡県裾野市の自動車製造工場に派遣されていましたが、08年5月28日、派遣会社所長から終了を告げられ、必要とされていないとショックを受けました。6月3日に派遣会社社員から、引き続きその工場で仕事を継続できると聞かされると、単なる人数合わせと受け取りました。

 同5日、出勤し更衣室に行くと作業着が見つかりませんでした。工場を辞めろと言われていると感じ、缶コーヒーを壁に投げ付け寮に帰りました。掲示板に書き込みましたが、思いやりのある反応はありませんでした。

 被告は悩みや苦しみが無視されたことが我慢できなくなり、ついに怒りを爆発させ「大きな事件」を起こし自分の存在を認めさせようと思いました。「大きな事件」を起こすことで、その原因が自分を無視した者、まともに扱わなかった者、「偽物」や「荒らし」にあると思わせ「復讐(ふくしゅう)」したいと考えました。

 何度も秋葉原に行ったことがあり、日曜は歩行者天国でにぎわうことを知っていました。「もう生きていても仕方がない」と自暴自棄になりました。

 6月6日、掲示板に「やりたいこと…殺人/夢…ワイドショー独占」と犯行をほのめかす書き込みをしました。誰かに止めてほしいとの気持ちもありましたが、犯行を思いとどまらせる書き込みはありませんでした。

 同日、雑誌で見つけた福井市のミリタリーショップでダガーナイフや警棒を購入。7日には秋葉原でゲームソフトとパソコンを売却して約7万円を手に入れ、静岡県沼津市のレンタカー営業所で2トントラックを予約しました。掲示板には「無事借りれた。準備完了だ」「意外に冷静な自分にびっくりしてる」と書き込みました。

 被告は6月8日午前11時45分ごろ秋葉原に到着。午後0時10分ごろ、掲示板のタイトルを「秋葉原で人を殺します」に書き換え「車でつっこんで、車がつかえなくなったらナイフを使います。みんなさようなら」と予告しました。交差点の人通りがあまりに多く怖くなって3度も機会を逃し「やらなくてよかった」という気持ちと「何でやれないんだ」との気持ちで葛藤(かっとう)しました。

 午後0時33分ごろ、今度こそ犯行に及ぶと強く決意してアクセルを踏み、時速四十数キロで横断歩道上の5人をはねました。路上にトラックを停止させるとナイフを取り出し、目についた通行人3人を刺しました。交差点に戻ってから6人、車道を南に向かって走りながら3人を次々と刺しました。中央通りから西に入る路地手前で警察官に追いつかれ、殺人未遂容疑の現行犯で逮捕されました。

 【弁護側】

 この事件で明らかにしなければならないことは▽彼がなぜ事件を起こしたか▽彼は何をしたのか▽彼にどのような責任を取らせるべきか−−。弁護側は、彼がなぜこの事件を起こしたのかを明らかにしていきたい。

 彼は労働金庫に勤める父親と専業主婦の母親の長男として、青森市で生まれました。小学4、5年生では将棋クラブ、6年では陸上部に在籍し、県大会に出場したこともあります。中学3年間はソフトテニス部に入り、合唱コンクールでは指揮者を務めたこともあります。高校は青森県内一の進学校に入学。車の仕事に就きたいと岐阜県の短大に入り、仙台市の警備会社や埼玉県の自動車工場、青森県の運送会社で働きましたが、仕事ぶりはまじめでした。事件当時は静岡県の自動車製造工場で働いていました。彼は事件を起こすまで、決して極悪非道な人生を送ってきたわけではありません。

 彼は数年前から掲示板のサイトを利用し始めました。はじめは好きな漫画の書き込みを見る程度でしたが、いつの間にか自分でも書き込むようになり、掲示板は彼の重要な一部となりました。

 どのように育ち、どのような考え方を持っていたのか。彼にとって携帯電話の掲示板とは何だったのか。二つの視点で裁判を見てほしいと思います。

【関連ニュース】
秋葉原殺傷:「事実明かし償う」加藤被告表情硬く
秋葉原無差別殺傷:責任能力が最大争点に 28日初公判
秋葉原殺傷:被告、殺傷認める 責任能力争う
土浦通り魔殺人:金川被告死刑判決 被害者、謝罪を望む
東京・秋葉原殺傷:責任能力争点に 加藤被告、きょう初公判

近江屋氏、自民党離党へ (産経新聞)
<化石>鳥に近い恐竜?…中国で見つかる 米大など発表(毎日新聞)
<缶飲料>岐阜産使い「静岡茶」表記…製造会社を行政指導(毎日新聞)
奈良・薬師寺東塔の彩色文様を現況調査 剥落止めで保存へ(産経新聞)
「あなたの所有物ですね」「はい」… 凶器のナイフ示され、うなずく被告(産経新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-02 22:17
 岡田克也外相は1日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「望ましいことではないが、他になければ普天間が今のままということもあり得る」と語った。移設先で結論が出せない場合には、普天間の使用継続があり得るとの考えを示した。

 鳩山由紀夫首相は1月28日、普天間の使用継続について首相官邸で記者団に「危険性が高く、騒音に悩まされている方が多い中で『移設先を探そう』とゼロベースで検討している。今まで通り使うという話はない」と否定。北沢俊美防衛相も同29日の記者会見で「今の形で普天間が継続されることはあり得ない」と否定していた。

 会見で岡田氏は「ゼロベースということは、あらゆる可能性がある」と強調した。キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画についても「検討の対象には含まれる」との見方を示した。【野口武則】

【関連ニュース】
岡田外相:「日米同盟深化させる」 外交演説で強調へ
普天間移設:岡田外相が米副司令官と会談「5月まで結論」
岡田外相:ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談
日米外相:12日にハワイで会談 同盟深化を協議
日米外相会談:11日ハワイで 両政府が調整

<交通事故>13トン車に追突、運転手死亡 伊勢湾岸道(毎日新聞)
「認知症加算」、85%が算定―千葉県内のケアマネ事業所(医療介護CBニュース)
小沢氏事務所 60社から15万人分の名簿 98年参院選(毎日新聞)
<幻の大豆>「借金なし」秩父で復活(毎日新聞)
<綾部市長選>前市理事の山崎善也氏が初当選(毎日新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-01 21:51