日本海側の釣り場を紹介


by sxa9kdi4nn

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 ◆将棋 報知新聞社主催ユニバーサル杯第36期女流名人位戦5番勝負第3局(10日、東京将棋会館) 連勝で念願の女流名人に王手をかけた挑戦者の里見香奈倉敷藤花(17)が清水市代女流名人(女流王位、女流王将、41)と対戦。里見は林葉直子、中井広恵、清水に続く史上4人目の10代での女流名人獲得を目指す。

 →対局中継中

 【関連記事】
2連敗の清水名人、切り替えに必死…将棋 女流名人位戦第2局
里見連勝王手!4人目の10代名人へ戴冠確率100%…将棋 女流名人位戦第2局
里見タイトル獲得に王手!得意の中飛車で快勝…将棋女流名人位戦
41歳清水名人、17歳里見倉敷藤花に「関根名人記念館」を案内…31日・女流名人位戦第2局

「6カ国」再開へ連携確認=外国人地方参政権に期待−韓国外相(時事通信)
金閣寺が雪化粧 京都で断続的に雪(産経新聞)
<プリウス>タクシー「乗車拒否が心配」 リコールで波紋(毎日新聞)
作家の立松和平さん死去、62歳(読売新聞)
家賃の悪質取り立て禁止=入居者保護法案を提出へ−国交省(時事通信)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-15 18:30
 11日午後11時20分ごろ、大阪府泉佐野市鶴原の路上で、帰宅途中の書道家糸見渓南(本名糸見友宏)さん(78)が突然男に棒のようなもので後頭部を殴られた。男はそのまま逃走、府警泉佐野署は強盗致傷事件として捜査している。
 朝日放送などによると、糸見さんは同社のテレビドラマ「必殺仕事人」などの題字を手掛け、日本書芸院参事も務めている。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
11年前の殺人、4人逮捕=別の強殺事件で起訴の男ら
強盗殺人容疑などで再逮捕へ=千葉大生殺害、来週にも
連続路上強盗で懲役6年6月=大阪地裁の裁判員判決
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張

「どこにいました?」「どこですか?」 微妙な位置関係を追及する弁護人(産経新聞)
「約束違反」批判の的 マニフェスト重荷? 財源不足…答弁あいまい(産経新聞)
堺市職員、盗撮で現行犯逮捕=大阪府警(時事通信)
漁船の船長2人逮捕へ=位置情報切った疑い−海保(時事通信)
【新・関西笑談】女性は一生輝ける(2)上海観光親善大使 本堂亜紀さん(産経新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-14 12:13
 東京・銀座の貴金属店「天賞堂銀座本店」で約2億5000万円相当の高級腕時計が盗まれた事件で、被害品の腕時計を所持していたとして男女6人を盗品処分容疑で逮捕した香港警察の捜査員3人が7日、来日した。同事件と神戸市のデパート「大丸神戸店」で昨年6月に約4000万円相当の腕時計が盗まれた事件の現場を視察し、捜査員と情報交換する。

 警視庁や兵庫県警によると、逮捕された6人が所持していた腕時計に銀座と神戸の事件の被害品があったことが、時計の製造番号から判明している。【山本太一】

【関連ニュース】
爆窃団:銀座の他に大丸神戸店でも 高級腕時計を窃盗
銀座多額窃盗:国内20件以上関与か…香港で逮捕の爆窃団
銀座貴金属店窃盗:中国人2人を拘束 香港で被害品所持
窃盗:銀座の貴金属店の壁に穴 腕時計3億円相当盗まれる
大丸:「うふふガールズ」で若年層を取り込み

多摩のNPO スギ伐採し製品化 花粉症対策にも(毎日新聞)
夫婦で仲良く同日逮捕=窃盗と横領容疑、別事件で−宮城県警(時事通信)
<窃盗>自転車盗んだ疑いで海自隊員を逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
毎日新聞世論調査 小沢氏 幹事長「辞任すべきだ」69%(毎日新聞)
【私も言いたい】テーマ「紙の辞書か、電子辞書(検索)か」(産経新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-12 19:49
 亀井静香金融・郵政担当相は5日の閣議後会見で、通常国会に提出する「郵政改革法案」の素案を8日に発表する方針を明らかにした。素案は、現在5社体制の日本郵政グループを3社体制に再編するなど見直しの大枠を提示する。

 だが、焦点となっている政府や親会社の出資比率や、ゆうちょ銀行の貯金限度額(現在1人1000万円)の引き上げについては「3月初めの法案提出の直前に決める」と判断を先送りする意向を示した。【中井正裕】

【関連ニュース】
亀井担当相:郵政非正規職員、希望者は原則正社員に
亀井郵政相:「郵政を切り刻んだ」発言を撤回
亀井静香氏:郵政「切り刻んだ」神戸・少年事件引き合いに
ヤジ問題:「うるさいから、うるさい」…亀井氏引かず
参院予算委:自民党のヤジに亀井氏「うるさい」 審議中断

来年度の障害者向け補装具の価格改定案―厚労省(医療介護CBニュース)
婚礼戦線異状あり ホテルウエディングの巻き返しなるか(産経新聞)
<鳩山首相>アッバス議長と会談(毎日新聞)
訃報 立松和平さん62歳=作家、著書に「遠雷」など(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>運転の男を手配 危険運転致死容疑など(毎日新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-11 17:33
 秋篠宮妃紀子さまは4日、東京・渋谷の東急百貨店本店で開幕した第41回現代女流書100人展(主催・毎日新聞社、後援・毎日書道会)を鑑賞した。

 同展は日本を代表する女性書家の新作を展示するほか、昨年の第61回毎日書道展会員賞受賞者による新進作家展を併催している。紀子さまは朝比奈豊・毎日新聞社社長らに出迎えられ、書家の平野翠甫さんの解説に耳を傾けながら、漢字、かな、近代詩文書、大字、前衛書、篆刻(てんこく)、刻字と多彩な展開をしている現代の書を楽しんだ。

 同展は11日まで(午前10時〜午後7時(最終日は午後5時閉場)。入場料600円(高校生以下無料)。

薬事審不承認でも解約できず=新型インフルの輸入ワクチン−厚労省(時事通信)
<無登録営業容疑>バルチックカレーの会社を捜索 警視庁(毎日新聞)
「1円領収書」原則公開、適正化委が指針案(読売新聞)
<大雪>北陸、関西に最強クラスの寒気…京都・金閣寺雪化粧(毎日新聞)
<夢街道駅伝>7日の記録(毎日新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-10 17:23
 母親の遺体を自宅に約半年間放置したとして、長野県警諏訪署は4日、住所不定、会社員古市輝雄容疑者(66)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 発表によると、古市容疑者は昨年8月頃、長野県諏訪市上諏訪にある母しづ江さん(93)の自宅で、しづ江さんが死亡しているのに気付いたのに放置した疑い。古市容疑者は容疑を認めているという。

 古市容疑者は、しづ江さんと2人暮らしをしていたが、現在は家を出ていた。遺体に目立った外傷はなく、同署は5日にも司法解剖して死因を調べる。

 4日昼頃、近所の人が、「昨年10月頃から、古市さん親子の姿が見えない」と通報。同署員が、1階居間でしづ江さんが死亡しているのを発見した。しづ江さんには布団がかけてあった。

宝くじ販売所に強盗、奪ったのは現金50万(読売新聞)
成年後見制度付き高齢者住宅を整備 品川区(産経新聞)
<時効見直し>結論持ち越し 法制審部会(毎日新聞)
<指宿市長選>豊留悦男氏が初当選 鹿児島(毎日新聞)
冬まつり用に作った雪だるま、50個壊される(読売新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-09 20:54
 東京地検特捜部は、昨年3月の西松建設による偽装献金事件以降も、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる捜査を継続。小沢氏本人の立件は見送られたが、1年以上にわたる捜査は、巨額の簿外資金の存在をあぶり出した。
 西松事件では、衆院選の目前とみられた時期に、野党第1党代表の公設秘書を、「表」の献金で逮捕したことが批判された。逆風の中、特捜部は小沢氏側の「裏金」捜査を継続。胆沢ダム(岩手県奥州市)工事の発注直後に入金された、収支報告書に記載のない4億円の存在を割り出した。
 昨年夏までに入札参加業者の事情聴取を重ね、同工事で談合があったとの証言を得た特捜部は、衆院選翌日の8月31日から9月上旬にかけて、中堅ゼネコン水谷建設元幹部を聴取。小沢氏側に計1億円の裏金を渡したとの供述を引き出した。
 特捜部は同月、石川知裕衆院議員らの立件について検察上層部に打診した。ほかのゼネコンの裏献金証言がないため、いったん見送りが決まったが、刑事告発を受けて捜査を再開。昨年末に石川議員らを聴取し、今年に入ってからは、関係先の一斉捜索、石川議員らの逮捕、小沢氏の任意聴取と捜査を加速させた。
 石川議員は逮捕後、虚偽記載について小沢氏に報告し、了承を得ていたと供述。捜査の焦点は、小沢氏の立件に絞られた。捜査現場の東京地検では、共謀の立証は十分に可能で、起訴すべきだとの意見が強まった。
 しかし、東京高検や最高検には、小沢氏からの積極的な指示があったとの供述は得られていないことから、慎重な意見が根強かった。逮捕後の一斉聴取でも水谷建設に続く裏献金証言が得られなかったことも決め手となり、3日の検察上層部による会議の結果、小沢氏の起訴見送りが決まった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜4億円「知人から預かった」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

父の代から? 不眠症薬「エリミン」不正販売か 開業医を書類送検(産経新聞)
春を呼ぶ勇壮「お燈まつり」 和歌山・新宮の神倉神社(産経新聞)
広域連合協議 「議員1人以上」主張 福岡贈収賄 逮捕の町村会前局長(産経新聞)
雑記帳 モーグルコースをイメージしたカレーはいかが(毎日新聞)
JR環状線で信号機トラブル(産経新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-09 03:22
 新テロ対策特別措置法の失効に伴い、インド洋での給油活動から撤収した海上自衛隊の補給艦「ましゅう」(品川隆艦長、乗員約150人)と護衛艦「いかづち」(梅崎時彦艦長、乗員約190人)が6日午前、東京・晴海ふ頭に帰港した。

 給油活動は、01年の米同時多発テロ以降「テロとの戦い」の一環として行われてきた。中断を挟んで約8年間の活動中、米英など12カ国に939回、約51万キロリットル(約245億円)を給油。艦艇延べ73隻、延べ約1万3000人を派遣した。

 給油の需要減などを理由に、鳩山政権は給油活動を延長しない方針だったため、北沢俊美防衛相は1月15日に撤退命令を出し、期限切れを迎えた。

 帰国行事に出席した鳩山由紀夫首相は「派遣部隊は諸外国海軍に高い運用能力を示した。自衛隊のプロフェッショナリズムを誇りに思う。諸君がこの8年あまりの活動で培った経験は、これからの日本の外交安全保障に必ず生きる」と述べ、派遣部隊をねぎらった。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
海上自衛隊:インド洋での給油活動が終了
北沢防衛相:インド洋撤退命令 給油活動終了
海自インド洋給油:活動終了 939回、51万キロリットル
海自インド洋給油:きょう撤退 テロ情報共有、困難に 「国益を損なう」防衛省が懸念
海自インド洋給油:延長法案、自民党総務会が了承

【中医協】精神病棟入院基本料、「13対1」新設で合意(医療介護CBニュース)
鳩山首相は足利義政か 問題を先送りする優柔不断さ(産経新聞)
川に車転落、男女2人が死亡=雪でスリップか−さいたま(時事通信)
<道新文化事業社>日ハム同行カメラマン肺結核で処分検討 (毎日新聞)
木嶋容疑者 携帯メールも削除 金銭要求など隠す?(産経新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-08 09:26
 イラン国籍のクルド人兄妹2人に関し、法相が諮問した難民審査参与員が「在留に特別の配慮が相当」との意見を出したにもかかわらず、名古屋入国管理局が在留特別許可を認めず強制退去処分にしたのは違法だとして、兄妹2人が3日、国と管理局を相手取り、処分の取り消しと200万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こした。

 訴えたのは、名古屋市内に住むいずれも20代の兄と妹。訴状によると、2人は父母とともに00年3月、10代の時に日本に入国した。そのまま在留期限を越えて不法残留状態になったが、兄妹はそれぞれ国内の学校で学び、現在いずれも大学生。

 不法残留について、父母ら家族は難民申請していたが、参与員は06年2月、父母については在留配慮の必要はないとしたが、兄妹2人については「特別の配慮をすることが相当」と意見表明。しかし、同管理局は09年9〜10月、2人を強制退去処分にした。

 原告側は「国・管理局は参与員の意見を尊重し、速やかに調査・検討・判断を行う義務があるのに、これを3年以上放置したのは裁量を逸脱し違法だ」と主張。兄妹は在留資格がないため、就職活動や学業にも支障が出ているという。妹は「留学を夢見ているが在留資格がないとかなわない。一日も早く在留資格をもらい、安心して勉強に打ち込みたい」と話している。

 名古屋入国管理局は「コメントは差し控えたい」と話している。【式守克史】

白血病薬への抵抗たんぱく質発見=再発防止へ期待−金沢大(時事通信)
小沢氏進退で駆け引き…民主、党内抗争の兆し(読売新聞)
<JR函館線衝突事故>旭川−滝川駅間の運転再開 北海道(毎日新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏不起訴の方向で検討 東京地検(毎日新聞)
ベルマーク50周年 AED購入や「実験教室」利用も(産経新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-07 10:48
 新テロ対策特別措置法の失効に伴い、インド洋での給油活動から撤収した海上自衛隊の補給艦「ましゅう」(品川隆艦長、乗員約150人)と護衛艦「いかづち」(梅崎時彦艦長、乗員約190人)が6日午前、東京・晴海ふ頭に帰港した。

 給油活動は、01年の米同時多発テロ以降「テロとの戦い」の一環として行われてきた。中断を挟んで約8年間の活動中、米英など12カ国に939回、約51万キロリットル(約245億円)を給油。艦艇延べ73隻、延べ約1万3000人を派遣した。

 給油の需要減などを理由に、鳩山政権は給油活動を延長しない方針だったため、北沢俊美防衛相は1月15日に撤退命令を出し、期限切れを迎えた。

 帰国行事に出席した鳩山由紀夫首相は「派遣部隊は諸外国海軍に高い運用能力を示した。自衛隊のプロフェッショナリズムを誇りに思う。諸君がこの8年あまりの活動で培った経験は、これからの日本の外交安全保障に必ず生きる」と述べ、派遣部隊をねぎらった。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
海上自衛隊:インド洋での給油活動が終了
北沢防衛相:インド洋撤退命令 給油活動終了
海自インド洋給油:活動終了 939回、51万キロリットル
海自インド洋給油:きょう撤退 テロ情報共有、困難に 「国益を損なう」防衛省が懸念
海自インド洋給油:延長法案、自民党総務会が了承

都内でも積雪か 関東甲信で昼過ぎから2日未明に雪(産経新聞)
42・195メートルの「マラソン足湯」登場!大阪国際女子マラソン(産経新聞)
トラック、バス9万台リコール=エンジン止まる恐れ−三菱ふそう(時事通信)
爆窃団、仙台の盗品も所持…捜査員香港へ(読売新聞)
首都圏連続不審死 すりこぎから睡眠薬 つぶして混ぜる?(毎日新聞)
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-02-06 14:04