日本海側の釣り場を紹介


by sxa9kdi4nn

カテゴリ:未分類( 74 )

 週明け12日の東京株式市場では、経営再建中の日本航空株に大量の売り注文が殺到。午前9時25分には、1日の値幅制限としては下限となる前週末比30円安の37円のストップ安特別売り気配まで下落した。売り株数は5億6300万株となる一方、買い株数はわずか800万株で、取引時間中に売買が成立する可能性は極めて低い状況だ。
 日航株をめぐっては、再建支援する企業再生支援機構が株主責任を問う形での上場廃止が濃厚で、さらに100%減資により既存の株式が紙くずになる可能性が浮上したため、売りを浴びている。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
〔マーケット情報〕株と為替の最新市況
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
【特集】軍用機ミュージアム

j5ojm3wuのブログ
カウンセラーの鉄則
クレジットカード現金化 比較
モバイル ホームページ
携帯ホームページ
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-01-12 11:13
 水産庁は8日、日本の調査船と衝突して大破した反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の抗議船「アディ・ギル(AG)号」が南極海で漂流し、油のようなものが流出していると発表した。SSは7日、AG号が沈没したとウェブサイトで発表したが、水産庁は「えい航作業を目視で確認したが沈没はしていない」と否定している。

 水産庁によると、AG号は6日、SSの監視業務にあたっていた調査船「第2昭南丸」と衝突。その後、SSの別の抗議船がAG号をえい航して南極大陸に向かっていた。しかしロープが切れたため、えい航していた抗議船はしばらくしてAG号を放置して去っていったという。

【関連ニュース】
調査捕鯨:シー・シェパード抗議船が日本船に衝突、大破
調査捕鯨:シー・シェパードが「日新丸」を妨害
反捕鯨団体:弱酸性の液体投げ妨害 南極海
シー・シェパード:ロープ投げつけなど妨害 捕鯨調査船を
シーシェパード:反捕鯨船衝突でNZ政府に抗議…官房長官

カメラマンのお仕事
k0frkwg4のブログ
クレジットカード現金化 比較
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-01-09 12:41
 平野官房長官は5日午前の閣議後の記者会見で、沖縄県の米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題に関する視察などのため、8〜10日に同県を訪問すると発表した。

 現地では、同飛行場などを視察するほか、仲井真弘多知事らと会談する予定だ。平野長官は、新たな移設先を5月までに検討するため、昨年末に設置された「沖縄基地問題検討委員会」の委員長を務めている。

渋谷で働く店長のブログ
2010年お祭り最高
アフィリエイト ホームページ
ショッピング枠現金化
ライブチャット
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-01-07 21:55
【キブンの時代】第1部(2)

 「さっきの小泉の演説聞いたか? すごく感動した。おれは小泉を応援する、自民党に入れるぞ」

 平成17年8月8日夜。コピーライター、川上徹也(48)のもとに、興奮気味の父親から突然、電話が掛かってきた。官邸で当時の首相、小泉純一郎がテレビカメラを前に衆院解散を告げ、「郵政民営化は必要ないのか国民に聞いてみたい」と熱っぽく語った直後のことだった。

 普段さして政治に関心があるわけではない父親が臆面(おくめん)もなく感動という言葉を口にする。気分の選挙の元祖ともいうべき郵政選挙の幕開けだった。

 川上は著書「あの演説はなぜ人を動かしたのか」で、「小泉演説」のほか田中角栄やオバマ米大統領、ケネディ元米大統領ら有名政治家の演説の魅力を分析した。

 心を揺さぶる演説には(1)何かが欠落した主人公(2)やり遂げたい遠く険しい目標やゴール(3)葛藤(かつとう)や障害、敵対物の存在−の3条件が備わっているという。「感動のツボ」を押さえた演説に国民は感情移入しやすく、応援したい気分に駆り立てられる。

 「『自爆解散』と揶揄(やゆ)された小泉は、この演説一本で逆境をひっくり返した。造反議員には刺客候補が擁立される様子を連日テレビが映し出し、国民はハラハラして見守る。この構造が小泉支持の空気をつくっていった」と川上は解説する。

 昭和52年に出版された山本七平著「『空気』の研究」。山本は会議や組織、社会全般に至るまで場を支配する空気が優先し、それが日本人の判断基準になっていると指摘した。

 最近の選挙ではメディアが大きな力を持ち、気分という空気にことのほか影響を及ぼす。メディア戦略は選挙戦の柱に組み込まれ、党や候補者は有権者の気分を操ろうと躍起になる。

 選挙PRに詳しいPR会社代表の中村峰介(42)は「民主党は19年の参院選からの戦略が非常にうまかった」と評価する。

 参院選時、こわもてイメージの強かった当時の民主党代表、小沢一郎をコマーシャルに担ぎ出し、「生活が第一」と叫ばせた。民主党は参院選に大勝。自民党は37議席しか獲得できず、結党以来、初めて参院第1党の座から滑り落ちた。

 「このとき有権者が『疑似政権交代』の気分を味わった。そのまま衆院選になだれ込めた」(中村)

 「自民=負け」という気分がうまく作られていったというのだ。

 昨年夏の衆院選は「マニフェスト選挙」とも呼ばれた。各政党が有権者に対して政権公約(マニフェスト)を示し、支持を呼びかける。

 しかし、本当にマニフェストに基づいた投票だったのか。明治学院大教授(政治心理学)の川上和久(52)は懐疑的な見方を示す。

 「有権者はマニフェストを読んだつもりでいるが、結局、テレビを通じて理解しているだけだ。議論は深まらず、ムードとイメージの選挙に終わった」

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、衆院選前に「投票はマニフェストを考慮する」と回答した人は8割を超えたが、「マニフェストをどのくらい知っているか」との問いには、65%が「少し」だった。

 「17年の衆院選の気分のもとは郵政民営化で、昨年は政権交代に変わっただけ。『それが実現すれば、明るい未来が訪れるかもしれない』という気分を演出できたかどうか。選挙の勝敗の鍵はその一点のみだ」 川上はそう考えている。

(敬称略)

【関連記事】
考えはどこに 「面白いかどうかで決めるだけ」気分が選挙を制する!
考えはどこに とりあえず幸せ探し、「婚活」で下がるハードル
「落選組」擁立めぐり自民執行部に温度差
次は自民揺さぶり “勝利宣言”の亀井氏
仏の谷垣、鬼になれるか 自民の落選議員をふるい分け

テンヤマダイを極めよう
京都修学旅行
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
ショッピング枠現金化
[PR]
by sxa9kdi4nn | 2010-01-05 18:52